自己申告・家族申告プログラムで運用改善 HP拡充し導入マニュアル改訂  
パチンコ・パチスロ産業21世紀会では、ギャンブル等依存症対策推進基本計画に基づいて行っているアクセス制限の自己申告・家族申告プログラムの運用改善のため、ホームページの拡充と導入マニュアルの改訂を行い、2月1日から運用を開始した。新しいホームページからは、プログラムの導入店舗の検索が可能になったほか、説明案内や申込書をダウンロードできるようにした。ホールからの導入開始報告などもこれまでの書面ファックスからウェブ申請に移行する。   21世紀会では1月31日付けで加盟団体に通知。これを受け全日遊連は、同日付けで各都府県方面遊協に運用変更に伴う留意点を連絡し、ホームページの改訂に伴う案内を利用者に行えるようにするとともに、ホームページ上の自店の導入情報などの内容を確認するよう促した。また、改訂導入マニュアルをホール向け専用ページから入手し、速やかに既存のマニュアルと差し替えるよう求めている。 ※この情報は衢卦残命社よりご提供頂いております。 更なる業界情報は遊技通信社ホームページにてご確認いただけます。 http://www.yugitsushin.jp/
 
 
日付 : 2022/02/14 照会 : 688
 
次 : 警察庁 賞品取りそろえ義務で「由々しき事態」